社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

頻出論点さえ掴めればOK

 社会保険労務士試験には過去問重視学習が良い!
本サイトでは、これまでに何度も繰り返しお伝えしてまいりましたが、
「一体何の根拠があって?」
「アナタが偶然そのやり方で合格できただけでしょ?」
と、もしかしたらそんな風に思われてしまうかもしれません。

 しかしながら、社会保険労務士試験に過去問学習が有効であることは、実はこの試験の出題傾向からも明らかなんです。
一体どういうことなのか?本ページからはその根拠に注目し、解説していきたいと思います。

 「社会保険労務士試験に過去問中心の受験勉強が良い」ことは、実際に過去の出題を見てみれば一目瞭然です。
おそらくたいていの問題集が分野別に出題がまとめられたものだと思いますが、こういったタイプのものを上から順に解いていると、あることに気が付くでしょう。

それは、「同じような問い方の問題が多いな」ということ。

また、一見全く別物に思われる設問でも、解説を読んでみると根拠条文が同じだった、というケースはよくあると思います。

そうなんです。社会保険労務士試験では、確実に毎年問われるポイントというのがあり、それをいかに落とさずに得点につなげていけるかが合格のカギとなるのです。
もちろん、中には例年問われないような箇所からぽつんと出題されたりするケースもありますが、逆に言えばこうした論点はさほど重要視する必要はありません。

「あれもこれも」とすべて覚えようとしてもなかなか上手くいきませんよね。
私自身、インプット先行でどんどん覚え込もうとしていた頃には、出題に関係のない事項にまでこだわり過ぎてしまうあまり、的外れな学習に走っていたと思います。
これでは続きませんし、そもそも受験勉強自体が辛く厳しいものに感じられてしまいます。
だからこそ、社会保険労務士試験では過去問を有効活用して、覚えるべきポイントを絞り込むのが効率の良い学習の基本なのでしょう。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<