社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

重要問題と捨て問の区別はしっかりと

 社会保険労務士試験対策の基本として、本サイトでは「過去問重視の学習を」と重ね重ねお伝えしてまいりました。
しかしながら、少し過去問演習を進められた方であれば、「過去問といえども、“基礎”のレベルを超えた、結構難しい問題もあるな」というのはすぐに気が付くことだと思います。
これまでの社会保険労務士試験に出題されたことがあるからと言って、こうした奇問・難問についても他の問題と同じようにおさえておくべきなのでしょうか?

 結論から申しますと、「社会保険労務士試験の過去問集にあるからと言って、あまりにコアな内容の出題はさほど気に留める必要はない」という一言に尽きます。
社会保険労務士試験には例年、受験者を振るいにかけるために難易度の高い設問がいくつか出されますが、そういった類の出題は繰り返し問われる内容ではなく、むしろその年度以降見かけないようなものがほとんどです。それならば、チェックしておく意味はそこまでありませんよね。
だからこそ、こうした問題はいわゆる「捨て問」として認識し、あまり後追いしないのが得策なのです。

 それでは、社会保険労務士試験の過去問集の中から、一体どのようにして重要問題と捨て問を判別するのが良いのでしょうか?
これについては決して自己流で判断するのではなく、過去問内に表示されている重要度ランクに応じて見極めるのが得策です。
受験対策講座で提供される問題集はもちろんのこと、一般に市販されている問題集にも、概ね重要度別に星印やアルファベット(A~C)表記で各問題の難易度ランクや重要度が記されていると思います。
そういった目印を参考に、「これは重要」「これは出来なくても仕方ないもの」と一つひとつ判断していくと良いでしょう。

 解けない問題を残す、ということで多少不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、社会保険労務士試験対策の要はあくまで「過去問を中心に、出るポイントを的確におさえる」という点にあります。
時には「捨てる」という選択も、必要なのです。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<