社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

過去問による傾向学習が学習効率をぐんと向上させる

 社会保険労務士試験対策に過去問の活用が有効な理由のひとつに、「膨大な出題範囲を正しく絞ることができる」ことが挙げられます。
前ページでも少し触れたとおり、社会保険労務士試験の過去問を見てみると、出題されるポイントに確かに傾向があり、同一論点が重ねて出題されていることに気が付くでしょう。
よって、一見すると膨大な試験範囲も、冷静に分析してみると実は出題箇所が決まっていて、受験生にとってはそこを正しくチェックできるかどうかが重要であると言えるのです。

 ただし、受験の素人である受験生自身がすべての過去問を把握し、出題傾向を判断するのはなかなかキケンかもしれません。
「社会保険労務士試験の過去問集」と銘打っているものを参考にしながら絞り込むことは出来るかもしれませんが、そういった問題集でさかのぼることができるのはおおよそ5ヶ年分程度ではないでしょうか。そうなると、それ以前の試験範囲については全くのノーマークで、本当に繰り返して出題されている箇所を見極めるのはなかなか困難であると言えそうです。

 よほど“独学”にこだわる方でなければ、過去問重視の学習を進める際にはやはり専門の受験対策を活用すべきだと思います。
受験生自身で網羅しきれない過去の過去までさかのぼり、それらを踏まえた上で重視すべき問題や覚えるべき事柄が過去問集やテキストに掲載されるわけですから、これを利用しない手はないでしょう。独学よりも断然効率が良いですし、実際の学習効果も高いはずです。

 「社会保険労務士試験の対策講座」と言っても最近では様々なものがあり、本サイトでもどういったタイプが有効なのかをこれから後述していきます。
ぜひ参考になさっていただき、社会保険労務士試験合格に向け、効率の良い過去問重視学習を見つけて下さい!

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<