社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

“通信教育の王道”として根強い人気!

 難関国家資格対策から趣味・教養系まで、幅広い講座のラインナップが魅力の「ユーキャン」。もちろん、社会保険労務士通信教育も高い人気を誇る講座のひとつです。
通信教育会社最大手ということもあり、雑誌の折り込み広告やテレビCMなどで誰しも一度はその名を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

◎ 初学者をターゲットにした「理解度重視テキスト」
ユーキャンの社会保険労務士通信教育は、受講生のおよそ75%が初学者からのスタートとのこと。法律を初めて学ぶ方にも無理なく続けられるよう、解説は極力かみくだかれており、読みやすい構成になっています。
また、テキスト内では重要度が☆印で示されているので、どこを覚えたら良いのかが一目瞭然。合格するために必要な知識を習得することが可能です。
ページ展開は2色刷りと、ちょっぴり単調な印象を受けますが、イラストがふんだんに使われている点に好感が持てます。

◎ オプションで「教室講義」も受講可能
ユーキャンでは基本的にテキストのみで学習を進めていくスタンスですが、「それでは物足りない!」という声に応える形で、オプションによる教室講義がスタートしました。
「プロの講義が受けられる」という点では良いのですが、通信教育という観点からは多少ズレるような気がしてしまいますね。また、オプションということで別途費用が掛かる点も気になります。

◎ こまめな「添削指導」が学習のペースメーカーに
添削指導はテキスト1冊毎に各1回、計10回の科目別習熟度チェック、さらには総仕上げとして総合模擬試験が1回と、全11回の提出が設定されています。
こまめに知識レベルがチェックされるため、通信教育であっても気を引き締めて取り組めることでしょう。長丁場となる社会保険労務士通信教育の受講も、こうした添削のやり取りを通して孤独に感じられることなく、前向きに進めていけるのではないでしょうか?

受講料は79,000円。公式HPにおいてはオプションの教室講義について費用の記載がないのが気になります。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<