社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

社会保険労務士受験対策専門校による徹底指導

 これまでご紹介してきた社会保険労務士通信教育は、比較的「合格」のみを意識したタイプのものでしたが、受験生の中には「試験合格だけが目的ではなく、知識を基礎から応用までしっかり学びたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方にオススメなのが、「IDE社労士塾」の社会保険労務士通信教育です。
IDE社労士塾は、社会保険労務士試験対策に特化した専門校であり、受験生の間では厚い支持を受けています。

◎ 基礎から応用まで、しっかり学べる充実教材
IDE社労士塾の社会保険労務士通信教育では、細かな文字でぎっしり書かれたテキストに特徴があります。一見すると「ちょっと・・・」と身構えてしまいそうですが、合格に必要なレベルから+αの知識までがギュッと凝縮されており、しっかり読み込むことでぐんと理解が進む内容になっていることが分かります。
こうした教材を使いこなすのは、法初学者にとっては少々高いハードルですが、これまでの社会保険労務士通信教育の内容に満足できない受験生にはまさに理想的なボリュームであると言えるでしょう。

◎ 実力派・井出講師による分かりやすさ重視の講義
膨大なボリュームのテキストへの理解を進めてくれるのが、井出講師による丁寧かつ分かりやすい講義です。各制度について、成立の背景までしっかりと説明してくれるので、単なる暗記ではなくちゃんと頭で理解しながらインプットしていくことが出来ます。
優しい語り口調も評判で、とても聴きやすい印象です。
講義は定点カメラによる収録となっているため、やや退屈な印象なのが難点でしょうか。

◎ 質問応対には専任講師が直接対応
受講生からの質問には電話で専任講師が直接対応してくれるというのも、IDE社労士塾ならではです。疑問だけでなく、受験前の不安な気持ちや教材の使い方まで指導してもらえるので、サポート面は〇。
ただし、校舎では通学講座が行われているため、希望の講師を話が出来るとは限らないという点には注意が必要です。

受講料は各コースによって異なりますが、概ね100,000~200,000円程度。
社会保険労務士通信教育の中では高額となりますが、教材がボリュームたっぷりなため満足感がありそうです。
ただし、初学者にとってはこのボリュームが仇となる可能性も。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<