社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

法独特の言い回しや類似項目・・・、だから法律は難しい!

 「これなら」と思える教材で受験勉強をスタートしたものの、やはり知識ゼロからの法律学習は容易なものではありませんでした。
ある程度知識を習得しても、いざ社会保険労務士試験の過去問に着手してみると全く解けない・・・。悩んでいるところ、何人もの受験生ブログを見ていると、やはり同じようなところでつまずいていることが分かりました。

これから受験勉強をスタートされる皆さんに向け、参考までに法律学習の難しさをまとめてみます。

○法律特有の言い回しに不慣れである
○同じような数字や決まりが、複数の法律で登場し混乱する
○とにかくボリュームが膨大
○文字だけのテキストが多いので、理解が進まない
○社会保険労務士試験の場合、ある程度インプットしても過去問がなかなか解けるようにならない
○資格試験では、どこが狙われるか分からない恐怖がある


・・・等々、勉強が進めば進むほどじわじわ生じる法学習の難しさは、皆さん共通だなと感じました。
これから受験に挑戦される方も、こうした不安や悩みはごく当たり前のものとしてとらえられるよう、必要以上にナーバスにならないよう、心得ておくと良いと思います。

 しかしながら、真剣に合格を目指すのであれば、これらの不安を一つひとつ乗り越えていかなければなりません。私の場合は幸いにも教材に恵まれたため、知識を習得するところから社会保険労務士本試験に向けた過去問演習まで、何とか前向きにこなしていくことができました。
ただ、法学習の難しさにつまずき、受験を挫折してしまう方もかなり多いようです。そういった意味では、教材選びこそが受験を左右する大きな要素であるとも言えるのでしょうね。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<