社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

気になっても必要以上の後追いは×

 これまで「社会保険労務士試験の過去問重視学習」のポイントについてお話ししてまいりましたが、受験生の中には

過去問学習だけではどうも心もとない
やっぱり細かな論点まで理解していなければ、合格は掴みとれないのではないか


こんな風に心配になり、「社会保険労務士試験には過去問学習」と頭では理解しつつも、ついついマニアックな知識にまで気を取られてしまう方がいらっしゃいます。

 そうですね。確かに、問題演習や模擬試験で、自分が知らなかった事柄を見つけてしまった場合、どうしても気になってしまうかもしれません。
「これが本試験で出題されたらどうしよう」という気持ちにもなってしまいますよね。

 過去問重視対策では原則、過去の問われたことのある論点以外を深く追求することはしない方が良いと思いますが、これも程度の問題。
「ちょっと覚えておくだけ」「+αでここだけチェックしておきたい」と思えば、積極的におさえておくようにすればよいと思います。
その代り、あまりに掘り下げ過ぎるのは厳禁です。「あれも、これも」ではそもそも到底覚えきれませんし、せっかく「社会保険労務士試験には過去問学習が有効」と分かっていながら、その道から大きく逸れてしまうことになります。これでは本末転倒ですね。

 社会保険労務士試験において不合格になってしまう方の中には、「学習が不十分な人」ばかりではなく、実は「学習が十分すぎる人」というのも多いと聞きます。
特に長期受験生というのはそのタイプで、知識量は申し分ないはずなのになぜか何度受験しても合格できないのです。
こうした背景に何があるのかといえば、社会保険労務士試験において重要な過去問対策がおろそかになっており、偏った知識の習得に走っているという傾向。
妙にマニアックな部分に詳しく、その一方で肝心な基礎が抜け落ちているケースは珍しくありません。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<