社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

最短最速合格を目指す効率重視のカリキュラム

 「クレアール」といえば、年金博士・北村庄吾氏による社会保険労務士通信教育として大変有名です。過去問に重点を置いた「合格必要得点」集中主義で、無駄な学習を一切省き、本当に必要なポイントを効率よく学ぶスタイルに定評があります。
映像コンテンツやマルチディバイスによる学習に注力されている点からして、“一歩先行く通信教育”といったイメージのある講座だと思います。

◎ テキストの内容は過去20年分の過去問から厳選、必要なポイントを効率よく
クレアールの社会保険労務士通信教育では、「本当に出題されるポイント」に的を絞って編集されたカリキュラムが一番の特徴に。
過去20年分の出題傾向をしっかりと研究、分析した上で教材が作られており、傾向対策はばっちりです。また、テキストに条文、過去問、判例、通達、法改正がぎゅっと凝縮されおり、1冊を見ればすべてが理解できる構成になっている点も魅力的。
「内容がやや絞られ過ぎている」といった感は否めませんが、本試験までに時間のない方や、手を広げる余裕のない方には最適な社会保険労務士通信教育です。

◎ 1単元30~90分の受講で、講義・復習・演習がワンセットに
社会保険労務士通信教育というと、通常1講義あたり90分程度が一般的。しかしながら、クレアールでは1回の講義を短時間に設定することにより、他と差別化を図っています。短い時間で受講することで、スキマ時間に活用しやすく、しかも最後まで集中して視聴できるといったメリットが。これまでの講座にはない、嬉しい配慮だと思います。

◎ マルチディバイスでの学習で効率UP
講義の視聴にタブレットやiPhone、iPadやスマートフォンなど、多様なマルチディバイスを活用できるのも、クレアールならでは。
ちょっとした時間に簡単に再生できるので、場所を選ばず学習が進みそうです。

受講料は各コースで異なりますが、概ね150,000円前後~。
社会保険労務士通信教育の中では少しお高めな設定ですが、根強い人気を誇る講座です。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<