社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

意外と多いらしい、異業種&法初学者

 たった1度の社会保険労務士試験挑戦にもかかわらず、過去問重視の学習法で見事合格を勝ち取ることができた私。そんな私も、最初から「過去問をしっかりやって合格を目指そう」と思っていたわけではなく、かつては「社会保険労務士試験って何なの?どんな試験なの?」と全く分からないことづくしからのスタートでした。

 そもそも、なぜこの試験に挑戦しようと思ったかと言えば、本当にひょんなきっかけ。
当時働いていた職場で、働き方についてたびたび「?」と感じることがあったからなんですね。社会人であればどんな方でも、多少なりとも労働環境に疑問を感じることはあると思いますが、私の場合は執念深い性格から「法律を勉強して、労働分野について絶対に詳しくなってやろう」と決意するに至ったんです。
色々と情報収集をしているうちに、その道のエキスパートが“社会保険労務士”だということを知ったんですね。

 こうした経緯から、すぐに社会保険労務士試験の受験を決め、概要を知るために過去問や参考書をチェックしてみました。第一印象は「???」でしたね。
ぱっと見て難しそうでしたし、読み進めても何のことやら理解できません。
一体どんな人がこの試験を受験するのだろうか、とネットで情報収集してみると、意外にも私のような異業種出身、法律を始めて学ぶ人がとても多いことを知りました。
しかも、勉強の仕方次第では、私のような受験生が初回受験でちゃんと合格していたりするんです。

社会保険労務士試験。今は過去問やテキストを見ても全然分からないが、勉強すればマスターできるものなのだな、と思いましたね。他の人がやっているのだから、私に出来ないわけはありません。
前途多難ではありそうでしたが、何とかやってみる価値はありそうだと思い直し、本格的に受験勉強をしてみようと心に決めたのでした。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<