社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

分厚い、モノクロ、単調・・・。やる気が全くおきません

 受験を決意したものの、何から始めていいのか全く見当もつかない私。
とりあえずは書店で“社会保険労務士試験”と名のつく過去問集や基本テキストを購入しようとしますが、まず売り場で唖然としてしまいます。

 基本テキスト、分厚過ぎて重たい。中身は白黒?赤が入っているものもあるけれど、何だか単調・・・。
社会保険労務士試験の過去問、膨大な問題数で気が遠くなりそう。

一言で言うと、「これでは楽しく勉強するなど、不可能だな」といった感じでした。
とりあえず、中でも少しはとっつきやすそうな社会保険労務士試験過去問集とテキストをお買い上げし、帰宅。

 後日、法学部出身の知人に「法律学習にはこんなにつまらないツールしかないのか」と尋ねてみると、「そうだ」とのこと。
そもそも条文を読み込み理解することが目的なのだから、法律の勉強など楽しいものではないと言うのです。最初はみんな初学者で、法律を学び続けることの難しさにぶち当たるものの、徐々に慣れていくんだとか。そんなものですか・・・。

 しかしながら、インターネットで探してみたところ、ありました!
とっつきやすそうな社会保険労務士試験向け過去問対策・インプット講座が。
一体どんな教材を見つけたかについては後述しますが、とにかく市販のものとは全く違う印象です。フルカラーのテキスト、ボリュームが抑えられた社会保険労務士過去問集!
「これぞまさに私が探していた教材」といった雰囲気です。

 「法律の勉強はつまらない」、そんな一般論にとらわれるあまり、教材選びを諦めない方が良いと思いました。モチベーション、学習効率、知識、すべてを向上させてくれる教材は、はっきり言って書店には置いていないのですから。
一度は単調なモノクロテキストを購入してしまった私ですが、幸いにも良い教材が見つかったために、それらの出番は全然ありませんでした。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<