社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

使える過去問集の特徴は、「見開き」「捨て問が明らか」

 ひと口に「社会保険労務士試験の過去問集」と言っても、実際、選ぶ本によってその中身は大きく異なります。
よく、「過去問集なんだから、掲載されている問題に大差ないはずだし、どれでも同じでしょ」とおっしゃる受験生もいるようですが、これは全くの誤解。
社会保険労務士試験対策としてどの過去問集を選ぶか、これによって学習効率が大きく異なってくると言っても過言ではないのです。

 それでは、これから過去問集を選ぶ際、どのような視点を持てば良いのでしょうか?
まずは、「単に試験形式で年度別に収録されたものではなく、分野別に問題が並べ替えられたもの」に注目することです。
年度ごとに本試験のスタイルで掲載されているものもありますが、これは本試験対策向けに時間を測って取り組む際には役立ちますが、出題の傾向を掴むには適しているとは言えません。
一方で、年度にこだわらず、法律ごと、しかも分野別に並び替えられたタイプの方が、重複して出題されている論点が把握しやすいというメリットがあります。

 また、「問と解説が対になっている問題集」は見開きで使えるため、ちょくちょく活用するには適していますね。社会保険労務士試験対策上、とにかく過去問にふれる機会を増やすのが得策ですから、ちょっとしたスキマ時間に1問でも問題と解説に触れる努力をするのは必須。これが、問題と解説のページがまとめられているものですと、いちいちページを行ったり来たりしなければならない等、煩わしさが感じられてしまいます。

 さらに、前ページでご紹介した「各設問の重要度ランクが明らかになっている」というのも、使える社会保険労務士過去問集の重要な特徴のひとつ。
重要度ランクは、出来れば細かく分かれていて、捨て問がはっきりと示されている問題集がオススメです。

 社会保険労務士試験対策の過去問集を書店で購入する際、もしくは講座を選ぶ際にはぜひこれらのポイントに注目し、「過去問重視学習がしっかりと出来そうな教材かどうか」を見極めるようにしましょう。

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<