社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

“やみくも学習”はもうおしまい!過去問集中が断然イイ

 法律初学者から社会保険労務士試験対策を開始してはや2ヵ月。過去問集に基本テキストと、必要な学習ツールをあれこれ駆使しながら勉強していく中で、私はようやくひとつの結論に辿り着くに至りました。

それは、「社会保険労務士試験対策は過去問が全てだ」ということ。

当初はどの法律も一通りのインプットを済ませてからでないと、不安で問題を解く気にもなれませんでした。
しかしながら、“知識の習得→過去問”のサイクルでははっきり言って・・・、解けないんです。実際の設問では、当然のごとく条文そのままの形で出題されることはまずありませんから、問題文を読んでもまるで見当がつきません。
結局、“インプット→過去問→インプット→過去問”のサイクルでようやく問題が解けるようになることに気が付いたんですね。しかしこれでは二度手間というか、効率が悪いなと感じるようになりました。

 そこで編み出したのが、“テキストのさらっと読み→過去問→しっかりインプット”というサイクルでした。本当ならいきなり問題にあたってからインプットに進みたいところですが、知識ゼロではどうしてもそれが難しいため、最初にテキストは一読します。
あくまでさらっと、流す程度の読み方ですが。知識が少しでもある方は、いきなり問題から入ってしまって良いと思います。
実際に勉強してみて気が付いたのですが、最初に過去問を見て本格的な知識の習得に取り組む方が、学習がサクサク進んでいくんですね。
もっとも、これは受講していた通信講座の指導方針であったのですが、まさにその通りでした。

 膨大な試験範囲をやみくもに覚えるより、社会保険労務士試験の過去問でどんなポイントが問われるかを大まかに把握してからインプットをしていく方が断然スムーズです。
これはもしかすると社会保険労務士試験に限ったことではなくて、過去問重点学習はすべての国家試験対策に有効なのかな、とも思えます。

なかなか問題が解けない
試験対策に時間がかかり過ぎて困っている

そんな方はぜひ一度、過去問中心の試験対策をお試しあれ!

>>スピード合格ならコチラの通信講座<<