社会保険労務士の過去問対策

社会保険労務士試験は過去問攻略で合格する!正しい過去問学習の方法とは?初学者からのスタートでわずか5ヵ月のスピード合格を果たした管理人による、受験勉強ノウハウ大公開中。

*

「勉強しているのに合格できない」には原因があります

 これまでに何度か社会保険労務士試験に挑戦されたことのある方であれば、
「膨大な試験範囲、結局どんな勉強をして攻略すれば良いわけ??」とお悩みのケースも多いかもしれませんね。
多岐に渡る法律の知識が一度の試験で問われる社会保険労務士試験、これを攻略するのはなかなか容易なことではないでしょう。
だからこそ、合格率一桁の狭き門なのですね。受験生の大半が涙を流す試験なのですから、その対策にもひと工夫必要、というわけです。

 しかしながら、社会保険労務士試験対策にはポイントがあり、それは「過去問」を攻略することです。
「社会保険労務士試験対策に過去問」なんて、すでに一度出題された問題をなぞってもあまり意味がないんじゃないかと思われる方も多いかもしれません。
ですが、これが意外や意外。正しく過去問対策をしていくことで、確実に合格ラインを確保することができるようになるのです。

 社会保険労務士試験のように覚えるべき事項の多い国家資格では、受験生はついついインプットに時間をかけすぎてしまいがちです。しかし「どんなに知識を詰め込んでもいざ問題を解こうとするとうまくいかない」、こんな経験はありませんでしたでしょうか?
知識を入れていくことが大切なのはもっともなのですが、合格を目指す上でそれ以上に求められるのは“実践力”。受験対策上、ここをしっかりと養っておかなければ、本試験当日、「こんなはずじゃなかった」という事態も起こり得るでしょう。
そうならないためにも、普段から社会保険労務士試験での設問、つまり過去問に頻繁に触れることで、インプットした知識の問われ方や出題傾向をしっかりと把握しておくことがとても大切なのです。

 もちろん、ただやみくもに過去の社会保険労務士試験の過去問を解いていくだけではいけません。正しい教材、取り組み方があって初めて、合格に効く過去問学習が完成するのです。本サイトでは、これまで何度も合格を逃してきた方はもちろん、これからこの試験に挑戦しようという方のために、効率の良い過去問学習のノウハウをご紹介してまいります。

 申し遅れましたが、私自身はかつての社会保険労務士試験受験生。過去問中心に学習を進めていき、法律初学者ながら5ヵ月間で合格率一桁の難関を無事突破することができました。受験勉強の仕方は個々によってだいぶ異なるものとは思いますが、私の経験もご紹介しつつ、効率の良い受験勉強法を皆さんにお伝えできればと思っています。




>>スピード合格ならコチラの通信講座<<